OHKI CLUB
鴨沂クラブとは
NEWS about us schedule MEMBERS recruit new members
         

top

top
 
 

what's new
1009
2010.9.26 創部20周年を記念してNEWジャージを作成
 
■鴨沂クラブの歩み

1991年4月、鴨沂高校ラグビー部のOBチームとして発足し、(2018年で創部27年目)京都クラブリーグに加盟。1995年に下級の部に転落するが、1997年に行なわれた下級の部トーナメントで優勝し、Aリーグ復帰を果たす。1998年は「三菱京都OB(現京都フリークス)」・「時計台クラブ」と4勝1敗で並んだが、トライ数が最も多く、Aリーグ初優勝を飾る。そして翌年1999年9月に岡山・美作で行なわれた関西クラブ大会に初出場。2001年は優勝した「アパッチャーズ(現京都アパッチ)」に敗れ2位となったが「アパッチャーズ」が入れ替え戦で関西クラブBリーグに昇格した為、翌年の2002年9月にも関西クラブ大会に出場した。その後は2011年、2012年、2013年と3年連続関西クラブ大会に出場し、2013年にはFブロックで優勝。2016年、3年ぶりに関西クラブ大会に出場し、Cブロック準優勝。 秋季大会ではプレーオフ決勝で乙訓クラブを37-14で破り18年ぶり2回目の優勝を飾る。2017年にはチャレンジマッチで寝屋川クラブに24-22、入替戦でOXクラブに28-25で勝ち、近畿Cリーグに初昇格し、初年度は6位ながら、翌2018年には4勝1敗で近畿Cリーグ初優勝を飾る。

鴨沂クラブは元々は鴨沂高校ラグビー部のOBチームとして発足したが、現在では鴨沂以外にも洛北、東山、伏見工、同志社、花園、京都学園、京都成章、塔南、城南、桂、乙訓、北稜、大谷、南陽、桃山、洛東等、京都の17の高校のOBが在籍している。又、京都以外でも啓光学園、東寝屋川、四天王寺、浪速、同志社香里、近大附属、枚方等の大阪の高校OBや、天理、関学、畝傍、愛知三好、千葉東、流経大柏、松山商、筑紫丘、熊本文徳、鹿児島甲南等のOBも在籍している。

1997年 京都Aリーグ 4位(2勝3敗)
1998年 京都Aリーグ 1位(4勝1敗)
1999年 京都Aリーグ 2位(4勝2敗)/ 関西クラブ大会 出場(初)
2000年 京都Aリーグ 3位(4勝2敗)
2001年 京都Aリーグ 2位(6勝1敗)
2002年 京都Aリーグ 5位(2勝4敗)/ 関西クラブ大会 出場(2回目)
2003年 京都Aリーグ 2位(4勝2敗)
2004年 京都Aリーグ 2位(4勝2敗)
2005年 京都Aリーグ 5位(2勝4敗)
2006年 京都Aリーグ 4位(1勝5敗)
2007年 京都Aリーグ 3位(3勝2敗)
2008年 京都Aリーグ 3位(3勝3敗)
2009年 京都Aリーグ 2位(2勝4敗)
2010年 京都Aリーグ 2位(3勝3敗)
2011年 京都Aリーグ 4位(2勝3敗)/ 関西クラブ大会 出場(3回目)
2012年 京都Aリーグ 3位(3勝3敗)/ 関西クラブ大会 出場(4回目)
2013年 京都Aリーグ 4位(3勝3敗)/ 関西クラブ大会 出場(5回目)
2014年 京都Aリーグ 4位(1勝5敗)
2015年 京都Aリーグ 2位(4勝1敗)
2016年 京都Aリーグ 1位(4勝1敗)/関西クラブ大会 出場(6回目)
2017年 近畿Cリーグ 6位(0勝5敗)
2018年 近畿Cリーグ 1位(4勝1敗)


近畿Cリーグ:優勝1回、6位1回。京都Aリーグ(秋):優勝2回、準優勝7回、3位4回、4位5回、5位2回。関西クラブ大会出場6回。
公式戦全175試合(春の総体含む):86勝87敗2分、勝率49%。(1997年Aリーグ復帰後〜2016年9月末現在)

 
■チーム理念
 『楽しく、強く、みんなで!』
強くの前に楽しくがあるというこの言葉の意味は、勝つことは勿論大事だがそれ以上に大切なことがあるということ。その大切なこととは、「みんなが心の底からラグビーを楽しむ!」ということである。ラグビーはあくまでも生活の一部で、趣味のひとつに過ぎないであろう。しかしながら、何に費やしてもよい貴重な休日にラグビーを選ぶのは何故か? 楽しいから人が集まる!楽しいから長く続ける!楽しいから人を誘ってみたくなる!この繰り返しこそがチーム継続の根幹であり、一人一人のラグビーに対する、又チームに対する熱い思いが現在の鴨沂クラブを支えていることはまぎれもない事実である。
 
■チーム愛称(サブネーミング)
 『BLUEDOGS』(ブルードッグス)

2010年鴨沂クラブの創部20周年を記念して、部員からアイデアを募集して新たにチームの愛称を設定。「BLUEDOGS」(ブルードッグス)とは、チームカラーである「青(blue)」と闘う犬として知られる「ブルドック(bulldog)」を掛け合わせた造語で、鴨沂クラブオリジナルの愛称です。

 
■2018年度 チームスローガン
 『チャレンジ&エンジョイ』

近畿リーグ2年目を迎え、まずは1勝を! そして出席人数や体調管理などの準備面や規律面も含めてチーム全員が昨年以上の挑戦(チャレンジ)をする。 そしてラグビーを心から楽しみ(エンジョイし)、試合に勝って、先発、リザーブ、サポートのチームみんなで喜びを分かち合えるようにする。

 
■練習
練習時間:毎週日曜日 9:00〜11:00
練習場所:京都精華大学グラウンド・宝ケ池グランド・柊野グランド・赤池グランド 他
※練習時間と場所については変更する場合があります。
 
■年会費(部費)

社会人(22歳以上)…20,000円
学 生(18歳〜22歳)…10,000円
※1月〜12月までを年度として、毎年1月下旬〜3月末までに、その年の年会費を一括して納める。

みんなから集めた部費で1年間のチーム運営を行なう。支出の主な項目として、チーム登録&個人登録費、スポーツ安全保険加入料、春季大会・秋季大会・フェスタなどの各種大会参加費、テーピング&メディカル関係費、ドリンク代、氷代、ボール代、グランド代、マン・オブ・ザ・マッチ賞品代、年間表彰賞品代、結婚記念品代、各種御礼・差入れ・寄付、ホームページ運営費、など

 
■年間表彰、マン・オブ・ザ・マッチ

毎年1月に行なわれる納会にて、前年度の1年間(約52週)の全ての活動、つまり試合、練習、運営サポート、京都ラグビー祭・トップリーグ等お手伝い、備品管理、新人勧誘などの取り組みで、チームに貢献したメンバーを表彰しています。MVP、敢闘賞、新人賞、新人特別賞、特別賞、通算出席500回達成記念、通算50cap達成記念、通算サポート50cap達成記念、通算運営サポート等お手伝い25cap達成記念などの賞があり、スーパ−ラグビーなどのレプリカジャージ、ノーマルジャージ、アンダーアーマーのコールドギア、ラグパン、ストッキング、ネックウォーマーなどの豪華賞品が贈られます。また、公式戦において、その日最も素晴らしい活躍をした選手に「マン・オブ・ザ・マッチ」として、リストバンド、シューズケース、スポーツタオルなどの賞品が贈られます。

         
 
 (C) 2012 OHKI Club All rights reserved.